ワースト7失点3連敗…雄星に“持病”の「苦手意識」再発懸念

公開日: 更新日:

 悪夢の3連発に肩を落とした。

 マリナーズの菊池雄星(27)がエンゼルス戦に先発するも、初回にメジャーで初対戦となった大谷翔平(24)に内野安打を打たれるなど、いきなり3失点。四回にはラステラ、トラウト、大谷に3者連続ソロを食らい、渡米後ワーストとなる四回途中7失点でKOされた。菊池はこれで3連敗、防御率も4.99に膨れ上がった。

 5月8日(同9日)のヤンキース戦では、「帽子のツバが異様に汚れている。松ヤニか何かを塗っているのでは」と、不正投球疑惑が持ち上がった。それでも、その後は2試合続けて6回3失点と、QS(クオリティースタート)だったから、疑惑が尾を引いているとは思えない。

 黒星が付いた直近の3試合は、いずれも今季複数回対戦しているチーム。エンゼルスとは今季3試合目で、5月31日の前回登板でも四回途中6失点と打ち込まれた。5月26日には今季3度目の対戦となったアスレチックスに負けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    コロナ禍でも「役員報酬1億円以上」これが上位101人リスト

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る