復帰戦白星も完全には遠く 巨人菅野が直面する“3つの命題”

公開日: 更新日:

 9日、腰の違和感で登録を抹消されていたエースの菅野智之(29)が25日ぶりに復帰登板を果たした。

 初回、自身の四死球が絡み、2死満塁のピンチを招いたものの、東海大相模の後輩・菅野を空振り三振に抑え、二回以降は立ち直った。

 6回98球を投げ、3安打7奪三振で2失点。リーグトップに並ぶ6勝目(3敗)を挙げたが、4四死球と制球が安定せず、マウンド上で首をひねる場面も。さらに五回には鈴木に2ランを浴び、被本塁打数はリーグワーストの14本となった。四回までに打線から6点の援護をもらい、「時間がかかったけどホッとしている。(野手が)たくさん点を取ってくれたので六回まで投げることができた。今日はベストではないけど、今日やれる投球、やれることは全てやった」と野手に感謝。5月8日のDeNA戦以来となる約1カ月ぶりの白星をかみしめた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る