プロ1号は逆転満塁弾 DeNA楠本の意識を変えた筒香の“金言”

公開日: 更新日:

「あの展開は誰もが予想しないことだった」

 9日、DeNAのラミレス監督がこう言った。西武戦の八回、1点を追うDeNAは四球や内野安打などで2死満塁の好機をつくる。ここで代打に送ったプロ2年目の楠本泰史(23)が逆転満塁本塁打。楠本にとってプロ1号となる“まさか”の一発で試合をひっくり返しただけに、ラミレス監督が驚いたのは無理もなかった。

 プロ初本塁打が代打逆転満塁本塁打だったのは、75年の久保俊巳(広島)以来44年ぶり。史上2人目の快挙である。

「苦しい時期に振ったバットは結果に返ると信じてきた」

 そう語った楠本には、プロ1年目に味わった苦い経験がある。開幕一軍を勝ち取った昨年4月の中日戦で四球を選んで出塁。次の打者だった嶺井が右飛に倒れた際、帰塁が遅れてアウトになる。このミスで、ラミレス監督に途中交代を命じられ、翌日に二軍落ちした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍政権に100倍返し…“政界の半沢直樹”登場はいつ誰だ?

もっと見る