マエケン好投も…ローテ落ちまであるド軍投手陣の層の厚さ

公開日: 更新日:

 ひょっとしたら、いまごろ選んだ球団が間違いだったと後悔しているかもしれない。

 ドジャースの右腕・前田健太(31)のことだ。

 日本時間24日のロッキーズ戦に先発し、7回を1本塁打含む7安打2失点、6奪三振。勝利投手の権利を持って降板したが、2番手バエスが同点に追い付かれて8勝目(4敗)はならなかった。防御率3.76。

 前田の7勝は、ここまで日本人投手では最多。ナ・リーグでも8位の勝ち星をマークしているにもかかわらず、ローテーション落ちの可能性があるというのだ。

 現在、ドジャースの先発は5人。そのうち防御率が3点台なのは前田ひとり。柳(1.27)、ヒル(2.55)、カーショー(2.85)、ビューラー(2.96)と、前田以外の4人はいずれも防御率3点以下の投球をしている上、今季6試合に先発したストリプリング(3.08)、5試合に先発したウリアス(2.84)の防御率は前田以上に秀逸。ストリプリングとウリアスは先発にケガ人が出たときに代役を務めているが、2人が前田に代わってローテーションに入ったとしても不思議ではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る