マエケン好投も…ローテ落ちまであるド軍投手陣の層の厚さ

公開日: 更新日:

 ひょっとしたら、いまごろ選んだ球団が間違いだったと後悔しているかもしれない。

 ドジャースの右腕・前田健太(31)のことだ。

 日本時間24日のロッキーズ戦に先発し、7回を1本塁打含む7安打2失点、6奪三振。勝利投手の権利を持って降板したが、2番手バエスが同点に追い付かれて8勝目(4敗)はならなかった。防御率3.76。

 前田の7勝は、ここまで日本人投手では最多。ナ・リーグでも8位の勝ち星をマークしているにもかかわらず、ローテーション落ちの可能性があるというのだ。

 現在、ドジャースの先発は5人。そのうち防御率が3点台なのは前田ひとり。柳(1.27)、ヒル(2.55)、カーショー(2.85)、ビューラー(2.96)と、前田以外の4人はいずれも防御率3点以下の投球をしている上、今季6試合に先発したストリプリング(3.08)、5試合に先発したウリアス(2.84)の防御率は前田以上に秀逸。ストリプリングとウリアスは先発にケガ人が出たときに代役を務めているが、2人が前田に代わってローテーションに入ったとしても不思議ではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る