マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

公開日: 更新日:

 日本人投手を相手に立て続けに結果を残した。

 エンゼルス・大谷翔平(24)が11日(日本時間12日)、ドジャース・前田健太(31)から今季7号ソロ。8日に花巻東高の先輩であるマリナーズ・菊池雄星(27)から一発を放ったのに続き、日本人投手を攻略した。

 6月は、ここまで10試合で37打数10安打の打率2割7分、4本塁打、10打点。5月7日のタイガース戦で復帰してから1カ月が経過し、徐々に調子を上げてきた。

 大谷は10日に発表されたオールスター(7月9日=クリーブランド)ア・リーグファン投票第1回中間結果のDH部門で、最終投票進出圏内の3位クルーズ(ツインズ=21万4702票)と約5万票差の4位だった。オールスターに選ばれるのは厳しい状況でも、前夜祭として行われる恒例のホームランダービー出場の可能性は残る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る