大谷4試合ぶり9号で勝利に貢献 アップトン復帰も追い風に

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が17日(日本時間18日)の敵地トロントでのブルージェイズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。二回、2死二、三塁の好機に2番手右腕ジャクソンの外寄りの変化球を左翼席に叩き込む9号3ラン。大谷の4試合ぶりの一発もあり、この回、チームは7点を奪う猛攻を見せた。結局試合は10-5でエンゼルスが勝利。大谷は5打数2安打(1本塁打)3打点で勝利に貢献、打率を2割8分3厘とした。

 その大谷の援軍になりそうなのが、アップトン外野手(31)だ。右足の親指を痛めて開幕から負傷者リスト(IL)入りしていた長距離砲が戦列に復帰し、この日から「4番・左翼」でスタメン出場した。アップトンは昨季、主に5番を打ち、打率2割5分7厘、30本塁打、85打点。チームではトラウト(39本)に次ぐ本塁打を放ち、故障もあって不振が続いたプホルス(昨季19本塁打)の穴を埋める働きを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る