マエケン好投も…ローテ落ちまであるド軍投手陣の層の厚さ

公開日: 更新日:

「前田は昨シーズン後半、本塁打や四球絡みの失点が増え、8月中旬に柳が故障者リストから復帰するとセットアッパーに配置転換されています。当時の防御率は3.80、いまと似たような数字でしたからね」(現地記者)

 ドジャースは強力な投手陣を武器に昨年まで6年連続地区優勝。今年もナ・リーグ西地区首位を独走している。

 前田は他球団ならローテーション投手として十分、やっていける数字を残しているが、先発の層が厚いドジャースにいるがゆえに、はじき出される可能性もあるということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る