修復不可能? ドジャーズ前田が日系指揮官に反発した代償

公開日: 更新日:

 もはや指揮官との間に生じた亀裂は修復不可能ではないか。

 ドジャース・前田健太(31)がデーブ・ロバーツ監督に対し、反旗を翻したのである。前田が感情を爆発させたのは、30日(日本時間1日)のロッキーズ戦だった。四回まで1安打無失点と好投しながら、五回に連打で無死一、三塁のピンチを招いて、次打者を三振に仕留めたところで指揮官に交代を告げられた。これに前田は「ここから粘ろうとスイッチが入った場面。先発だったら誰もあそこで代わりたいとは思わない。ノーと連呼していた」と試合後、不満をぶちまけたのである。

 この試合で前田は先制のホームを踏み、スクイズを決めるなどバットでも貢献しながら8勝目を逃した。怒りをあらわにするのは当然だが、指揮官には日本人投手の態度が反抗的に映ったのだろう。ロバーツ監督は球数(88)の多さなどを降板理由とし、「交代したい先発投手はいない」と苦言を呈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る