貧打解消狙う最下位オリ 12失点投壊では「焼け石にモヤ」

公開日: 更新日:

 リーグ最下位に沈んでいるオリックスの最大の課題は「貧打」だ。

 例えば、2日現在のチーム打率.233と、チーム本塁打50は、いずれも最下位。中でもヒドいのは261のチーム総得点で、オリックスの次に少ないソフトバンクに60点も離されている。

 先日、中日にドラ1左腕の松葉と外野手を放出して野手2人を獲得、金銭トレードで外国人のモヤ(27)まで獲得したのは、何はさておき、攻撃力アップが急務だったからだ。福良GMも、モヤに関しては「いまのウチに必要な戦力。打力は非常に魅力がある」と話していた。

 そのモヤは3日、本拠地の京セラドーム大阪で入団会見。「パワーでチームに貢献したい」と話した直後に、さっそく挨拶代わりの一発を放った。

 同夜のロッテ戦に「6番・一塁」でスタメン出場。1点を追う二回、右中間に同点ソロを放ち、「来たボールをしっかり見て打つことができた」と笑顔で話した。

 しかし、この日は投手陣が精彩を欠いた。先発の荒西と2番手の吉田一が計12安打を浴びて12失点。投手がこれだけ打ち込まれては四回に1点、六回に4点を返すのが精いっぱいだった。

 2日現在、チーム防御率3.80はリーグ3位。投手陣が踏ん張ればともかく、今後、援護のなさに辛抱し切れずガタガタと崩れるようだと、ただでさえ打線が脆弱なのだから、モヤひとり打ちまくっても追い付かない。焼け石に水じゃなくて、モヤなんてことにならなければよいのだが。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…