中日に“松坂不要論”…球宴ファン投票選出ゼロの裏でジワリ

公開日: 更新日:

 残念な結果に終わったが……。

 24日に発表されたオールスターファン投票の最終結果。中日は12球団で唯一、選出ゼロに終わった。

 昨季まで6年連続Bクラスに低迷する中日は、今季も借金8の5位。成績不振が得票数に影響しているのだろうが、打率.323でセの首位打者を走る高橋周平や、リーグトップの8勝を挙げる柳裕也ら、有望株がいないわけではない。

 実際、彼らのような生え抜き選手の活躍もあってか、観客動員数は33試合目の主催試合となった6月23日の日本ハム戦で100万人を突破。これは昨季より2試合早い到達で、1試合平均の観客動員は前年比で750人ほど増えているのだ。

 中日OBが言う。

「一軍はもちろん、二軍のナゴヤ球場も、根尾がドラフト1位で入団したこともあって連日の大賑わい。与田監督に対する期待もある。成績はイマイチでも、入団当初から伸び悩んでいた高橋をレギュラーとして一本立ちさせ、近年不調だった大野雄大も復活。選手を生かす起用が支持されている。ベンチのムードも昨年より明らかに良くなっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る