交流戦首位打者に オリ中川圭太“最後のPL戦士”の波瀾万丈

公開日: 更新日:

 逆境を知る男が最下位チームで奮闘している。

 25日の楽天広島戦をもって、交流戦の全日程が終了。交流戦首位打者の座は暫定3位のブラッシュがこの日3タコと追い上げられず(.346)、オリックスのルーキー内野手、中川圭太(.386)が手中に収めた。

 PL学園から東洋大を経て、昨秋ドラフト7位で入団。アマチュア時代は二塁手だったが、プロ入り後は三塁と右翼をこなし、最近は一塁での出番が中心となっている。

 もっか打率.321、1本塁打、19打点。パの新人選手としては81年石毛(西武)以来、38年ぶりとなる5試合連続複数安打を継続中だ。さらに、4試合連続タイムリー中と、バットが止まらない。

■東洋大4年まではドラフト上位候補

 この中川、プロ入り前は逆境の連続だった。PL学園1年生時の2月に部内暴力が発覚。野球部は高野連から6カ月の対外試合禁止処分を食らった。この騒動で、河野監督が退任。後任の指揮官には野球経験のない正井校長が就任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る