オリ宮内オーナー「負けに等しい引き分け」も阪神喜べず

公開日: 更新日:

「負けに等しい引き分けだったな。あれだけ四球を出したらダメ。ストライクの入らないピッチャーはダメですよ」

 16日の阪神戦。試合を観戦したオリックスの宮内オーナーが、5点リードを守れなかった投手陣を責めた。

 負けに等しい――。阪神にも同じことが言えるのではないか。六回を終わって0―5。敗色濃厚の試合を七回に4番・大山の適時二塁打、土壇場の九回2死から代打・福留の2点二塁打で試合を振り出しに戻してベンチは大いに沸いたものの、宮内オーナーが怒ったように、オリックス投手陣は10四球を与える大乱調だった。

 にもかかわらず、阪神は六回まで無得点。延長に入っても毎回のように好機をもらいながら、結局、12回で3安打と打線がことごとくチャンスを潰した。なんとか3タテは回避したが、とても喜べる試合じゃなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る