広島“らしさ”出て巨人に5点差逆転勝ち 4月の劇的浮上彷彿

公開日: 更新日:

 やっと「逆転のカープ」らしさを見せた。

 5位広島は19日、2カ月ぶりとなる首位巨人との試合に先発したエース大瀬良が、四回までに10安打を浴びて5失点。四回表終了時に5点ビハインドの苦しい展開となったが、ここから打線が巨人のエース菅野に食らいついた。

 四回に鈴木、五回に西川がそれぞれ適時打。六回に安部がソロ、七回に菊池涼が適時三塁打を放ち、1点ずつ追撃。4―5としたところで菅野をマウンドから引きずり降ろす。そして、4―6で迎えた八回。松山の左越え二塁打で再び1点差に追い上げると、さらに会沢が巨人の3番手・マシソンから右越えへ逆転2ランを叩き込み、逆転劇を完結させた。

 広島は借金8に沈んでいた4月にも巨人戦での劇的な逆転勝利から浮上していた。同17日の熊本での試合である。八回に広島から巨人へFA移籍した丸に勝ち越し2ランを浴び、敗色濃厚の中、九回に菊池涼の適時二塁打、石原の適時打で3得点。菊池涼が「あの勝ちはデカかった」と言った逆転勝ちから8連勝。5月に一度は首位に立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  7. 7

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  8. 8

    “復興五輪”強調に怒り 福島県民「内閣支持率30%」の衝撃

  9. 9

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

  10. 10

    “金属後遺症”誠也の「アウトサイドイン」を直した練習法

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る