広島ついに5位転落…菊池涼介はチームの現状をどう見るか

公開日: 更新日:

 前日にようやく連敗を11で止めた広島だが、16日は逆転負け。5位に転落した。

 リーグ3連覇の王者ながら、今季は乱高下の激しい流れに苦戦。前半戦は5月に11連勝するも、6~7月にかけては11連敗を喫した。

 苦杯をなめながらも、中心選手としてチームを支えるのが菊池涼介(29)。今季は打率・257ながら、得点圏打率は4割近い。広島を常勝球団へと成長させた立役者のひとりとして、チームの現状をどう見るか。

 ――チームは11連勝の後に11連敗。連敗中はどうだったか。

「どうでしょうね。見た感じのまま受け取ってもらえたらと思う。ただ(投打が)噛み合えば連勝できるし、噛み合わなければ負ける。それが野球というだけですよ。去年と今年だけじゃなく、毎年違う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  6. 6

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  7. 7

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  10. 10

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る