中島は久しぶりスタメン…巨人“あぶれた補強組”の行く末

公開日: 更新日:

 巨人・中島宏之(36)が久しぶりにスタメンに名を連ねた。

 17日のヤクルト戦で5月22日のDeNA戦以来となる2カ月ぶりのスタメン出場。ヤクルト先発が左の山田大だったため、今季7度目の起用だったが、2タコに終わり、1点差に追い上げた六回2死一塁で代打を送られた。打率は.157である。

 中島は先月19日のオリックス戦で移籍1号を放ってから、1カ月近く安打が出ていない。久しぶりに訪れたアピールのチャンスだったが、原監督の起用に応えられず、チームの連勝は5でストップした。

 巨人はオフに総額40億円といわれる大補強を敢行した。FAで獲得した丸は打率.307でチームを牽引。同じくFA入団の炭谷も出場は38試合ながら打率.267。リード面で投手陣や首脳陣の信頼が厚く、昨季までの正捕手・小林を脇に追いやり、「第1捕手」の座をゲットしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る