前日194球完投の佐々木温存し4強 大船渡監督の“深謀遠慮”

公開日: 更新日:

 まさかのエース抜きで勝利をつかんだ。

 22日の岩手準々決勝・久慈戦。大船渡の佐々木朗希(3年)はずっとベンチにいた。試合は接戦。何度も登板のタイミングが訪れたが、投手はおろか、野手としても出場しなかった。

 前日の盛岡四戦は延長12回を194球完投。連戦となったこの日の先発は、初戦にリリーフ登板した大和田健人(3年)だった。4―2とリードして迎えた七回、その大和田が同点に追いつかれたものの、八回から登板した2番手・和田吟太(3年)が4回無失点と力投。十一回に勝ち越し、4強入りを果たした。

 国保監督は前日の疲労を考慮し、佐々木抜きで試合に臨み、勝利した。佐々木だけに頼らないチームづくりを目指し、この大和田、和田を含め、佐々木以外に4投手を用意し、夏を迎えたとはいえ、その時点で負けたらすべてが終わる。先発した大和田は公式戦での登板は初戦のリリーフ登板の1回のみ。今夏最大の注目を浴びる大船渡が負けるだけでも、応援している学校関係者や地元民、ファンのショックは計り知れない。その上、佐々木を温存して負けようものなら、大きな波紋を呼んだだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る