前日194球完投の佐々木温存し4強 大船渡監督の“深謀遠慮”

公開日: 更新日:

 まさかのエース抜きで勝利をつかんだ。

 22日の岩手準々決勝・久慈戦。大船渡の佐々木朗希(3年)はずっとベンチにいた。試合は接戦。何度も登板のタイミングが訪れたが、投手はおろか、野手としても出場しなかった。

 前日の盛岡四戦は延長12回を194球完投。連戦となったこの日の先発は、初戦にリリーフ登板した大和田健人(3年)だった。4―2とリードして迎えた七回、その大和田が同点に追いつかれたものの、八回から登板した2番手・和田吟太(3年)が4回無失点と力投。十一回に勝ち越し、4強入りを果たした。

 国保監督は前日の疲労を考慮し、佐々木抜きで試合に臨み、勝利した。佐々木だけに頼らないチームづくりを目指し、この大和田、和田を含め、佐々木以外に4投手を用意し、夏を迎えたとはいえ、その時点で負けたらすべてが終わる。先発した大和田は公式戦での登板は初戦のリリーフ登板の1回のみ。今夏最大の注目を浴びる大船渡が負けるだけでも、応援している学校関係者や地元民、ファンのショックは計り知れない。その上、佐々木を温存して負けようものなら、大きな波紋を呼んだだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る