広島に3連敗…誠也と鯉ベンチに火をつけたG原監督の禁じ手

公開日: 更新日:

 巨人は5月以来となる今季2度目の4連敗。初の同一カード3連敗を食らった。

 21日の広島戦。同点の九回1死満塁のチャンスを逃すと、1―1の延長十回に4番手マシソンがつかまった。田中広に四球、菊池涼に安打を浴びるなど1死満塁のピンチを招き、4番鈴木に右前へサヨナラ打を浴びた。

 初戦は5点差をひっくり返され、前日は2点差をバティスタの2ラン2発で逆転された。そして、この日は劇的なサヨナラ負け。しかも、原監督は負ける過程で“禁じ手”を犯していたと、さる球界関係者がこう言う。

「巨人ベンチは延長十回裏の守りで、1死二、三塁から3番のバティスタに申告敬遠を告げ、1死満塁にして4番・鈴木誠也との勝負を選択した。試合前まで打率は・310でリーグ3位だが、得点圏が.233と低いことで原監督が“勝負弱い”と判断したのでしょう。でも3番敬遠の4番勝負で広島ベンチに火がついた。現チームの中心は4番の誠也で、周辺を打つ菊池涼らが支えるチーム。大将が軽く見られては、広島も誠也本人も黙っていない。原監督は開幕前から『僕の中で広島が強いと思ったことはない』と言い続けていて、当然、広島ナインも知っている。5月に19勝4敗1分けだった勢いを戻しかねない原監督の指示だったかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る