大船渡・佐々木“12回194球”完投勝利も 日米スカウトは複雑

公開日: 更新日:

 リミッターを外した。

 21日、大船渡の佐々木朗希(3年)が、盛岡四との岩手大会4回戦に先発。八回に大谷翔平(現エンゼルス)と並ぶ高校生最速タイの160キロをマークするなど、延長12回194球をひとりで投げ抜いた。21奪三振の快投で、準々決勝(22日)にコマを進めた佐々木。延長十二回には決勝2ランを放ち、目からは涙がこぼれた。

「負けたら終わり。すごい重圧とかがあった。その中で勝ちきることができて、少し良かったなと思いました」

 延長に入ると肩で息をするようになった。今季最多となる球数を目いっぱいの力を振り絞って投げた。相手の盛岡四は春の準優勝校。21三振を奪いながらも、150キロ超の速球にバットを当てられたり、変化球を悠然と見送られたりもした。2―0とリードして迎えた九回には同点に追いつかれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  9. 9

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る