森山高至
著者のコラム一覧
森山高至建築エコノミスト

1級建築士。1965年生まれ。岡山県井原市出身。岡山県立井原高から早大理工学部建築学科に進学し、88年に卒業。斎藤裕建築研究所を経て、91年に株式会社アルス・ノヴァを設立し、代表に就任。04年に早大政治経済学部大学院経済学修士課程を修了した。建築家として関わった物件は1000件以上。長崎県の大村市協定強建替え基本計画策定など、公共建設物のコンサルティングに携わるほか、マンガの原作などの仕事も手掛ける。主な著書に「非常識な建築業界 『どや建築』という病」がある。

カヌー&ボート会場は最もお粗末…観客席の一部は屋根なし

公開日: 更新日:

海の森水上競技場(カヌー、ボート)

 五輪施設計画の経緯が最もお粗末なのが、「海の森水上競技場」だ。小池百合子都知事が2016年、復興五輪をキャッチフレーズに、ボート会場を海の森から東北の宮城県・長沼へと変更することをぶち上げたが、あっさり取り下げ、元のもくあみとなった。筆者は当時、最適地として戸田ボート競技場にも近い埼玉県の彩湖か千葉県の手賀沼を推していた。

■大会後の年間収支1.6億円の赤字

●将来性=11点

 大会後の年間収支は1・6億円の赤字。本来、ボート競技場は維持管理に不安のないはずの施設である。明治時代に日本にボート競技が導入されて以降、大学や企業にも伝統ある倶楽部が数多く存続する文化施設のひとつだからだ。欧州発祥で人気が高く、競技人口も多い。前回1964年の東京五輪の会場だった戸田ボート場には、各ボートチームの艇庫や倶楽部ハウスが林立し、さながらサロンのよう。旧施設のままだが、年間収支は1000万円の黒字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る