テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

公開日: 更新日:

 高温のために馬がヘロヘロになった馬術、真っ赤に火照った顔から流れる汗を何度もぬぐうホッケー選手、台風などの雨水による水質悪化でスイムが中止になったパラトライアスロンW杯……。東京都内では今夏、東京五輪のテストをかねてさまざまな競技が行われているが、ハッキリしたのは、この時期の東京は国際競技大会を開く場にふさわしくないということだ。

 IOCは、2020年夏季五輪の立候補都市に対し、7月15日から8月31日までの間に開催することを決定。これを受け、東京五輪組織委は7月24日から8月9日を開催期間としたのだが、〈立候補ファイル 大会の全体的なコンセプト〉にはこう書いてある。

〈この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である〉

 おいおい、〈理想的な気候〉なら、なぜ、馬も選手もダラダラと汗をかいて死にそうな表情になっているのか。基準を大幅に上回る大腸菌で汚染されたお台場の海で、どうやって〈最高の状態でパフォーマンスを発揮できる〉のか。世界のトップアスリートが組織委の資料を読めば、ほぼ全員が「嘘つくな」とカンカンになるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る