山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

86歳の大長老OBが影響力を持ち続ける阪神の気持ち悪さ

公開日: 更新日:

 先週の本稿では、阪神大山悠輔が4番を外された問題を取り上げたが(詳細はweb版で確認してください)、字数の関係で書ききれなかったことがあった。それは阪神の大物OBであり、御年86歳の長老格でもある吉田義男氏についてだ。

 そもそも大山が今季初めて4番を外された8月10日の広島戦の前、具体的には7月ごろから、関西のスポーツ紙では「打てない4番・大山」を取り上げる記事がちらほら発信されていた。それでも矢野監督は頑として信念を曲げず、大山の4番起用を続けていたのだ。

 そんな中、8月1日の日刊スポーツ(大阪版)は衝撃的だった。1面に大きく「よっさん虎ゲキる」「4番大山は辛抱の限界ちゃいますか」の文字。よっさんとは吉田義男氏の愛称であり、記事の内容としてはその吉田氏が大山の4番起用も含めた矢野監督の采配に疑義を唱えるものだった。しかも、よく読んでみると、記事中の吉田氏は「“ベンチは”辛抱の限界なんじゃないか?」と矢野監督の思惑を推察するかのような言い回しをしており、厳密には吉田氏本人の意見とはなっていなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る