山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

86歳の大長老OBが影響力を持ち続ける阪神の気持ち悪さ

公開日: 更新日:

 先週の本稿では、阪神の大山悠輔が4番を外された問題を取り上げたが(詳細はweb版で確認してください)、字数の関係で書ききれなかったことがあった。それは阪神の大物OBであり、御年86歳の長老格でもある吉田義男氏についてだ。

 そもそも大山が今季初めて4番を外された8月10日の広島戦の前、具体的には7月ごろから、関西のスポーツ紙では「打てない4番・大山」を取り上げる記事がちらほら発信されていた。それでも矢野監督は頑として信念を曲げず、大山の4番起用を続けていたのだ。

 そんな中、8月1日の日刊スポーツ(大阪版)は衝撃的だった。1面に大きく「よっさん虎ゲキる」「4番大山は辛抱の限界ちゃいますか」の文字。よっさんとは吉田義男氏の愛称であり、記事の内容としてはその吉田氏が大山の4番起用も含めた矢野監督の采配に疑義を唱えるものだった。しかも、よく読んでみると、記事中の吉田氏は「“ベンチは”辛抱の限界なんじゃないか?」と矢野監督の思惑を推察するかのような言い回しをしており、厳密には吉田氏本人の意見とはなっていなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  7. 7

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る