全体練習なしで試合の余裕も…M20の巨人に不気味な“天敵”

公開日: 更新日:

 巨人がDeNAにとどめを刺し損ねた。

 前日に劇的なサヨナラ勝ちで優勝マジックを20とした巨人は25日、エース格の山口が先発したが、DeNAの9番・乙坂に2本の適時打を浴びるなど7回途中2失点。5月19日以来の3敗目(12勝)を喫した。八回には3番手・鍵谷が5番・ソトに、リーグトップの巨人・坂本勇に並ぶ32号ソロを浴びて突き放された。

 打線はDeNA先発の今永に6回2安打で8三振を喫し、4投手に散発3安打の完封負け。今永にリーグトップタイの12勝目(5敗)を献上した。

 巨人OBで評論家の高橋善正氏がこう言った。

「巨人が連勝すれば、DeNAに完全に引導を渡せる。逆に巨人が負ければ、DeNAは首の皮一枚つながることになる。そんな試合で巨人は完敗。DeNAのソトには初戦で先制3ランを打たれたように、毎度手痛い一発を浴びている。先発した今永には今月上旬の試合でも抑えられた。初戦で8回1失点に抑えられ、白星を献上した東は昨年から『巨人キラー』といわれる。今年の巨人は同じ相手に同じようにやられているのが気になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る