全体練習なしで試合の余裕も…M20の巨人に不気味な“天敵”

公開日: 更新日:

 巨人がDeNAにとどめを刺し損ねた。

 前日に劇的なサヨナラ勝ちで優勝マジックを20とした巨人は25日、エース格の山口が先発したが、DeNAの9番・乙坂に2本の適時打を浴びるなど7回途中2失点。5月19日以来の3敗目(12勝)を喫した。八回には3番手・鍵谷が5番・ソトに、リーグトップの巨人・坂本勇に並ぶ32号ソロを浴びて突き放された。

 打線はDeNA先発の今永に6回2安打で8三振を喫し、4投手に散発3安打の完封負け。今永にリーグトップタイの12勝目(5敗)を献上した。

 巨人OBで評論家の高橋善正氏がこう言った。

「巨人が連勝すれば、DeNAに完全に引導を渡せる。逆に巨人が負ければ、DeNAは首の皮一枚つながることになる。そんな試合で巨人は完敗。DeNAのソトには初戦で先制3ランを打たれたように、毎度手痛い一発を浴びている。先発した今永には今月上旬の試合でも抑えられた。初戦で8回1失点に抑えられ、白星を献上した東は昨年から『巨人キラー』といわれる。今年の巨人は同じ相手に同じようにやられているのが気になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る