山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

86歳の大長老OBが影響力を持ち続ける阪神の気持ち悪さ

公開日: 更新日:

 しかし、日刊スポーツはこの“ベンチは”の文字を小さく目立たないようにしていたため、あたかも吉田氏の意見かのような印象を抱かせる仕上がりになっていた。要するに阪神唯一の日本一監督である大長老の吉田義男氏が、若輩者かつ外様である矢野監督の采配に物申した――そんな刺激的な図式を1面で大きく報じたということだ。

 そして、それから10日後、ご承知の通り矢野監督は大山の4番外しを断行した。吉田氏の意見に従ったのかどうかはわからないが、それはともかくとして、私としてはこの流れそのものに嫌な空気を感じた。在阪マスコミが大物OBの印籠を使いながら、しかも巧妙に発言の印象を操作しながら、阪神監督にプレッシャーをかけているかのような、そんな阪神おなじみの光景である。

 だから、阪神という球団は特殊だといわれるのだろう。いくら吉田氏がかつての名遊撃手かつ日本一監督とはいえ、86歳という年齢を考えると、活躍していた時代があまりに古すぎて、現代プロ野球にどこまでついていけているのかは疑問が残る。しかし、阪神の周辺マスコミではそういう人物がいまだにスポーツ紙の1面を飾れるほどの影響力を持っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る