42歳福留と来季も契約へ 虎の貴重戦力に50歳現役の可能性

公開日: 更新日:

「今のチームではクビにはできんだろ」

 阪神は来季も福留(42)と契約を結ぶ方針との報道を見て、あるOBがこう言った。

 福留は22日も「3番・左翼」でスタメン出場。三回には左翼席へ2ランを放った。

 日米通算21年目のベテランは今季の年俸は1億5000万円。給料に見合うだけの活躍をしているかはともかく、確かに現在の阪神には欠くことのできない戦力といえる。

 2013年からタテジマを着ている福留は、今は単年契約。左足負傷で離脱している糸井(38)は来季、4年契約の最終年を迎える。この2人がいる間に若手が育ち、外野のレギュラーポジションを取るというのが球団の描いていた青写真だった。

 ところが、内野陣は大山(24)、木浪(25)、糸原(26)らが、ほぼ定位置を確保したものの、外野陣は、中谷(26)、江越(26)、高山(26)、陽川(28)といったレギュラー候補がいずれも伸び悩み、定位置を取ったのはルーキーの近本ぐらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る