日本ラグビー史に残るアイルランド戦劇的勝利の要因を探る

公開日: 更新日:

 4年前、英国ブライトンの地で南アフリカに勝利した奇跡の歴史は、もう過去のものになった。

 ラグビーの日本代表が世界ランキング2位のアイルランド相手に大逆転勝利を収めた劇的な試合を見て、日本ラグビーの歴史が本当に変わったことを改めて実感した。

 たとえば英国の大手ブックメーカー・ウィリアムヒル社は、アイルランド勝利のオッズを1.07倍に設定したが、日本勝利のオッズは10倍。それに象徴されるように、世界中のラグビーファンもアイルランドの順当勝ちを予想していたはずだ。

 正直に言えば、筆者は東京スタジアムで行われたロシアとの開幕戦を取材して以来、アイルランドどころか(3戦目)サモアにも勝てないのではないか? という疑念が芽生えていた。

 あの試合のジャパンの選手たちは、開催国としてのプレッシャーに押し潰されてしまっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    「桜を見る会」名簿 内閣府主張の“1年未満保存”に重大疑義

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    五輪開催20年度の改革は下村元文科相「公言」で既定路線化

  9. 9

    堀北真希に待望の復帰情報 “イクメン夫”山本耕史が後押し

  10. 10

    事務所“期待の星”岡田健史は堀北&桐谷の穴を埋められるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る