日本「勝ち点5」発進も侮れない ロシアのラグビー強化号令

公開日: 更新日:

「潜在能力の高いロシアはラグビー界の新興勢力になる可能性を秘めている」――。

 W杯開幕戦が行われた東京スタジアム。ラグビー関係者の間では、こんな話でもちきりだった。

 FW、BKとも大型の選手が揃っており、個々のスキルアップとキックに頼らない多彩な戦術が備われば、「ティア1」といわれる強豪に次ぐ位置付けになるというのだ。

 今大会のロシアは欧州予選3位に終わり、一度は出場権を逃した。同予選1位のルーマニアが出場資格のない選手を起用したため失格となり、繰り上がりで2011年ニュージーランド大会以来、2度目の出場を果たした。

 11年大会では4戦全敗で、いまだW杯での勝ち星はない。これまで国際試合での実績に乏しいラグビーの後進国ではあるものの、ここ数年はロシア国内のラグビーを取り巻く環境は変化しつつある。16年リオ五輪から7人制ラグビーが正式競技に採用されたことで、ロシア政府も重い腰を上げたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る