松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

メジャー挑戦・DeNA筒香は「NO MEN」から一気に爆発せよ

公開日: 更新日:

 筒香選手がポスティングでメジャーに行く。子どもの頃からずっと夢見てきたことがかなうのだ。キミの意志はブレなかったのだ。偉い。

 日本のプロ野球ってのはいまだに海外進出したいという選手にゃ冷たい。選手を私有化して放さない巨人とかソフトバンクじゃなく、キミがベイスターズという、なんだか「好きにやるといいヨ」と言ってくれるチームでよかったと思う。

 キミは野球少年たちへ、いまだに根性論をふりかざす野球界の問題点を堂々と指摘したり、実に正面から野球と向き合っているのも知っている。

「長打力はあるが守備も走力もダメ。メジャーで活躍できるわけはない」とかOBどもが何と言おうが、ひとつ向こうでパ~ッといこう、パ~ッと!

 ガキの頃に原っぱで、中学で少し広い球場で、やがてお客さんを集め、お金をもらって野球ができるようになって、海の向こうのもっと広い場所でやりたい。いいじゃねえか、なあ、みんな!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る