松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

メジャー挑戦・DeNA筒香は「NO MEN」から一気に爆発せよ

公開日: 更新日:

 筒香選手がポスティングでメジャーに行く。子どもの頃からずっと夢見てきたことがかなうのだ。キミの意志はブレなかったのだ。偉い。

 日本のプロ野球ってのはいまだに海外進出したいという選手にゃ冷たい。選手を私有化して放さない巨人とかソフトバンクじゃなく、キミがベイスターズという、なんだか「好きにやるといいヨ」と言ってくれるチームでよかったと思う。

 キミは野球少年たちへ、いまだに根性論をふりかざす野球界の問題点を堂々と指摘したり、実に正面から野球と向き合っているのも知っている。

「長打力はあるが守備も走力もダメ。メジャーで活躍できるわけはない」とかOBどもが何と言おうが、ひとつ向こうでパ~ッといこう、パ~ッと!

 ガキの頃に原っぱで、中学で少し広い球場で、やがてお客さんを集め、お金をもらって野球ができるようになって、海の向こうのもっと広い場所でやりたい。いいじゃねえか、なあ、みんな!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る