打撃は下降線…DeNA筒香メジャー挑戦で付く値段と予想序列

公開日: 更新日:

 本人がメジャー挑戦を望み、所属球団もポスティングシステム(入札制度)による移籍にゴーサインを出した。これによってメジャーにつながるレールが敷かれたのは確かだが、終着点がバラ色とは限らない。DeNAの主砲・筒香嘉智外野手(27)のことだ。

「メジャー契約を勝ち取れるかどうか、微妙なところでしょう」と、ア・リーグ西海岸のスカウトはこう言った。

「44本塁打、110打点で2冠を獲得した16年のオフ、メジャーサイドの動きが活発になったのは事実です。筒香と親しい人物と会い、本気で獲得を目指す球団も中にはあった。けれども、それ以降は28本、38本、29本と長距離砲としては物足りない成績が続き、16年当時、熱心に追いかけていた球団も、さすがに見切りをつけたと聞きました。なにしろ、左翼守備がヒドいうえに、脚力もない。よほど打たない限り需要は期待できないのに、16年以降は打撃が下降線ですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  2. 2

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  3. 3

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  4. 4

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る