内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

私が巨人を去る時、キヨが便箋5枚の手紙を書いてくれた

公開日: 更新日:

 2002年の西武との日本シリーズ。巨人は3連勝で日本一に王手をかけていた。就任1年目の原監督には事前に今季限りで巨人を退団し、来季は一軍打撃コーチとして広島に復帰することを伝えていた。監督が選手の前で話す機会をつくってくれたため、これは周知のことだった。すると、キヨ(清原和博)と元木が私にこう言うのだ。

「内田さん、今日はタオルをポケットに入れとかんとダメよ」

「タオル? 何で?」

「原さんの胴上げの後に内田さんも胴上げするから。内田さんのことだから、きっと大泣きするでしょ? だからタオル持っといてよ」

「原監督の後なんてやめてくれ。これでプロ野球を去るわけじゃない。カープに行くとみんなの前で言ってるし、胴上げなんておかしいからやめてくれ」


 キヨと元木から返事はなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  10. 10

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る