内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

カープ方式徹底で G二軍監督時代に非情通告した中堅3選手

公開日: 更新日:

「カープ方式でやります」と鹿取GMと石井球団社長に宣言し、2017年7月、巨人の二軍監督に就任した。私はそれまで二軍で7番だった岡本和真を4番に固定した。

 一方で犠牲になったのは、実績のある「スタンバイ選手」だった。松本哲也(引退当時33=現二軍外野守備走塁コーチ)、藤村大介(同28=現三軍内野守備走塁コーチ)、堂上剛裕(同32=現中日球団職員)の3人である。

 実力は若手より彼らの方が上。彼らが二軍の試合に出れば結果を出すだろう。試合にも勝てるだろう。特に松本なんて一軍クラスの選手だ。

 カープの二軍監督を務めていた時は、松田オーナーには「勝たなくていい」と、はっきり言われていた。

「その代わり、1試合、1打席でもいいから、一軍に上がれる選手をつくってくれ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

もっと見る