内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

G坂本勇人の“前足がめくれる癖”を克服したマル秘ドリル

公開日: 更新日:

 2014年オフに3度目の巨人コーチに就任。この頃、坂本勇人は少し伸び悩んでいた。下半身が早くほどけてしまい、上半身と連動していなかった。私は坂本にこう言った。

「打つ時、前足のつま先が地面からめくれ上がるだろ? 前の膝とつま先を閉じてスイングをするまで我慢してみよう」

 私は「壁」のつくり方を助言した。ティー打撃で「左足のヒールを上げたまま打つ」というドリルを課した。いい投手に崩されると戻すまでに何試合か時間がかかるという一面もあった。

■伸び悩んでいた男には弱点があり…

 首位打者のタイトルを獲得した16年ごろから、外角球への対応がうまくなり、追い込まれてからうまく拾えるようになった。そこから長打にもこだわりを見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  6. 6

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  7. 7

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

もっと見る