開星高校“ヤクザ監督”復帰の舞台裏 体罰発覚は本紙取材で

公開日: 更新日:

 島根・開星高校を春夏9度の甲子園出場に導いた名将、野々村直通元監督(68)が3月から復帰することになった。

 独特のコワモテの風貌で「ヤクザ監督」の異名を取った同氏は、定年を迎えた2012年の3月に退任。画家や教育評論家として活動していた。

 島根の強豪・開星は野々村氏の退任後、教え子の山内弘和監督が就任。春夏3度の甲子園出場を果たしたものの、いずれも初戦敗退と結果が出なかったうえ、昨年11月に日刊ゲンダイの取材で体罰問題が発覚。9月の秋季島根大会準々決勝に敗れた直後、怒り心頭に発した山内監督が「学校まで走って帰れ!」と球場から学校までの約30キロの罰走を命じことなどを一部の保護者が問題視し、島根県高校野球連盟や島根県庁に、開星野球部の指導改善と山内監督の退任を求める嘆願書を送る事態に発展していた。

「山内監督は昨年2月に部員への暴力行為で4カ月間の謹慎処分を受けていた。9月の罰走に関して県高野連は学校から聞き取りをしたうえで、指導の一環ということで不問に付しましたが、保護者の山内監督の指導に対する不信感は燻ったままでした。OBや一部の保護者から、野々村元監督の復帰を望む声が挙がっていました」(島根県高野連関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍