アマ球界がフェースガード着用を“改造行為”と禁止する疑問

公開日: 更新日:

【用具のプロが鳴らす野球界への警鐘】(上) 

 11月15日に明治神宮大会が開幕する。特に高校の部は「秋の甲子園」と呼ばれる注目度の高い大会だが、彼ら球児は誰一人「フェースガード」を装着していない。

 巨人の丸がかぶるヘルメットに外付けされ右頬を覆っているアレだ。プロ野球ではヤクルトの青木や広島の鈴木など内角を攻められやすい主力に浸透する一方、アマ球界では使用が禁じられている。

 昨年11月には死球による死亡事故が発生。熊本西の球児が練習試合で左側頭部に死球を受けて亡くなった。それでも全日本野球協会は今年3月、フェースガードの取り付け禁止をホームページで発表。「改造行為」と位置付けている。

 なぜ認められないのか。丸など多くの選手が使用するフェースガード「C―FLAP」(米マークワート社製)の輸入代理店を務めるカシマヤ製作所の西上茂社長に話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る