小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

地獄の「冬の強化練習」に物申す それは指導者の自己満足

公開日: 更新日:

 強豪校は年末などに「冬の強化練習」を行うことが多い。日大三や東海大相模が有名だ。走りまくるメニューで鍛えるのだが、私はあまり好きではない。

 これで投手が140キロを投げられるようになったり、打者が本塁打を打てるようにはならないというのが持論だ。効果は「これだけやったんだ」という気持ち、「我慢強さ」といったメンタル的なもの。大部分は指導者の自己満足に過ぎない。

 私は横浜高時代から「冬だから」と地獄の練習を課したことはない。遠征費などを自分たちで稼ぐため、年末年始はアルバイトを推奨する高校が甲子園に出ることもある。「野球はカネがかかる」と親に敬遠される時代。こういう高校があっていいと思う。

 冬は自分との戦いだ。90キロのバーベルを挙げられる者は、100キロがクリアできるよう努力する。これがヘッドスピード、打者の10メートルの飛距離アップにつながる。課題に自発的に取り組むことが、冬の正しい過ごし方といえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

もっと見る