巨人大城 連日アピールも打てば打つほど遠のく正捕手の座

公開日: 更新日:

 巨人大城卓三捕手(26)が打ちまくっている。

「4番・捕手」で出場した9日の紅白戦で3安打。適時打2本を放った前日に続き、2試合連続で猛打賞をマークした。

 課題の守備でも、初回の増田大の二盗を阻止して正捕手取りを猛アピール。このオフ、重点的にウエートトレーニングに取り組んだ大城は、「体重は4キロ増えて今は94~95キロ。打球の飛距離が伸びました」と分厚くなった胸を張る。かねて「捕手へのこだわりは強く持っている」と攻守にレベルアップを図っているものの、首脳陣の考えとは温度差が生じている。

 この日の試合後、原監督は「大城もいいけど、(3年目捕手の)岸田も良く映る。小林もうかうかできないでしょう」と小林、炭谷、岸田らが火花を散らす正捕手争いに言及しつつ、「(大城は)チームのバランスを含めた構成で、選択肢はある。捕手だけではないから(一塁も兼務)。捕手としての守りも良くなっているけど、昨年より選択肢は増えてきている」と言ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る