岡本も警戒 巨人キャンプ恒例の“原監督のむちゃ振り”候補

公開日: 更新日:

 巨人のキャンプは何かが起こる――。

 例えば昨季、三塁に固定されるはずだった岡本和真(23)は、キャンプ終盤から一塁へ回り、なし崩し的に開幕一塁となった。結局、昨季の先発は、一塁が69試合、三塁が56試合、左翼が17試合。便利屋のような扱いで、ゴールデン・グラブ賞もベストナインも逃した。

 原監督は性懲りもなく、今季も「4番・三塁」として固定する方針を明かしているが、昨季から「本当は三塁が一番いいんです」と話している本人は、今キャンプも三塁用のグラブだけでなく、「何があるか分からない」と一塁ミットと外野用のグラブも持参。28日から宮崎で始まった一軍合同自主トレに参加しているのだから、原監督のことをよく分かっているということだろう。

 この日は助っ人勢が来日。メジャー通算1312安打の実績があるパーラは、現段階で左翼か右翼に入る予定だが、見込み違いだった場合には、重信や石川といった本職の外野手を差し置いて「外野の大穴候補がいます」と、チーム関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る