28歳勝武士は病院たらい回し…新型コロナ“突然悪化”の恐怖

公開日: 更新日:

 闘病生活は40日間におよび、再び土俵に上がる願いはかなわなかった。

 日本相撲協会は13日、三段目力士の勝武士(28=高田川部屋)が同午前0時半、新型コロナウイルス肺炎による多臓器不全で死去したと発表した。国内で20代の死者は初、日本のプロスポーツ選手としても初の死亡となった。

 勝武士は先月4日から38度以上の発熱があり、高田川親方らが6~7日にかけ、保健所や近隣の複数の病院に診察を頼んだが、受け入れを断られたという。同8日、血たんが出たため、救急車で搬送されたが、受け入れ先が見つからず、たらい回しされ、夜になって都内の大学病院に入院した。翌9日、症状が悪化したため、別の大学病院に転院し、同10日、PCR検査で陽性が確認された。入院から11日後の同19日、さらに症状悪化がみられたため、集中治療室で治療が続けられていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  3. 3

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  6. 6

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  7. 7

    石破氏が衝撃発言 改めて震撼する前法相夫妻巡る国家犯罪

  8. 8

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  9. 9

    差別は悪なのに…なくならないのは利用する者もいるからだ

  10. 10

    検察庁法改正ではなく刑法185条の罰則規定の具体化が必要

もっと見る