7月場所に向け 通院治療と心なき投書が力士や親方を悩ます

公開日: 更新日:

 自粛という大きな壁は依然として立ちはだかったままだ。

 5月場所の中止が決定した大相撲。戦後の1946年夏場所(6月)、八百長騒動の渦中だった2011年3月場所に続き、史上3度目の本場所中止である。

 次の7月場所(19日初日予定)まで約2カ月半。今は外出も相撲を取る稽古もできない。

 一方で、ケガをしている力士にとっては「むしろプラス」という声もあるが、本当にそうなのか。

 陸奥親方(元大関霧島)は日刊ゲンダイの取材に「ウチには腰の悪い力士がいる。でも、今は大きな病院は怖い。なるべく小さな病院を探しています」と話していた。

 また別の親方は「接骨院で治療しなきゃいけない力士がいるけど、正直、待合室などでの感染が心配で行かせていいものかどうか……」と、心情を吐露する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    輪郭が二重に見えるタトゥー メキシコの女性彫り師が話題

もっと見る