7月場所は名古屋から国技館に 開催地変更に2つのメリット

公開日: 更新日:

 災いを転じて福となす、か。新型コロナウイルスの影響により、5月場所は中止。次の7月場所は開催地が名古屋から東京に変更になり、無観客が予定されている。

 感染リスクを考えれば、開催地の変更も無観客もやむなし。少なくとも開催地の変更はプラスに働きそうだ。ある親方が言う。

「東京の夏は蒸し暑いけど、それでも名古屋に比べればマシ。よそにはない独特の暑さだから、体調を崩す力士もいる」

 今年の7月場所は19日から8月2日まで。過去30年分の数値をもとにした気象庁のデータによれば、7月下旬の名古屋は平均気温27度台後半。東京は26度台半ばだ。その原因はフェーン現象。西の鈴鹿山脈から降りてくる暖かい風が流れ込み、気温を上昇させている。

 気温にしてわずか1度強の差を、さらに拡大しているのが会場の設備だという。スポーツを担当する放送関係者は「地方場所は古い施設が多い」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    コロナ禍で会社の業務が縮小 再雇用「更新なし」に大慌て

もっと見る