ツインズ前田「先発6人制」の割を食う新天地の出来高契約

公開日: 更新日:

 2月のキャンプ前にツインズ移籍が決まった前田健太(32=前ドジャース)が10日(日本時間11日)、紅白戦に登板。全体練習再開後、2度目の実戦マウンドに上がった。

 今季の前田はローテの3番手を務める。シーズン終盤、中継ぎに配置転換されたドジャース時代とは異なり、シーズン通じて先発に固定される見込みだ。登板試合数やイニング数などに応じて出来高契約を交わしている前田にとってはこれまで以上のボーナスを稼ぐチャンスだ。

 MLBと選手会は、60試合に短縮した今季の出来高払いの扱いを巡って交渉してきたが、複数の米メディアの報道によれば、パフォーマンスボーナスの試合数や打席数などは、従来の162試合に換算することで合意したという。

 前田の基本年俸は約3億3000万円。これに開幕ロースター入りで約1650万円の他、先発数と投球回数が増すごとにボーナスも積み重なる内容だ。32試合以上の先発に加え、200イニング以上登板すれば、出来高の総額は約11億1650万円に達する。60試合の今季は12試合、75回で満額を手にする計算になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    GoTo強行もお盆帰省するな 西村担当相“禅問答”の支離滅裂

もっと見る