カブス背負うダルに試練のスライド登板…マーリンズ戦順延

公開日: 更新日:

 今季のサイ・ヤング賞候補が悪天候に阻まれた。

 カブス・ダルビッシュ有(34)が先発予定だった1日(日本時間2日)のマーリンズ戦が雨のため延期された。ダルビッシュは2日にスライド登板する。

 中止が決定した時点で2日の試合開始時刻は米東部時間午後2時と発表されたが、流動的だ。仮に他のナ・リーグのワイルドカードシリーズの勝敗が決まり、カブス―マーリンズ戦の1試合しか行われない場合、開始時刻は同午後6時に変更になる。ナイターの方がテレビ視聴率が見込めるからだという。

 多くの先発投手は、プレーボール時間に合わせて食事をしたり、調整を行うなど、分刻みで当日のスケジュールを組んでいる。難しい調整を強いられるが、ダルは今季のレギュラーシーズン2戦目の登板となった7月30日のレッズ戦を雨で流した。翌日にスライド登板し、6回を2安打無失点、7奪三振、1四球と好投し、今季初白星を挙げている。

 前日はダルと並ぶエース格の右腕ヘンドリクスらが一発攻勢を浴びて初戦を落とした。

 負ければ後がない第2戦のマウンドを託されたダルは一矢報いる投球をするしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る