鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

日本代表“三銃士”とは呼べず…南野・久保・堂安の現在地

公開日: 更新日:

 日本代表のオランダ遠征のカメルーン戦、コートジボワール戦をテレビで見て我が意を強くした。メディアでよく扱われるリバプールMF南野(25)、ビリャレアルMF久保(19)、ビーレフェルトMF堂安(22)の3人は、本当に森保日本を背負って立つ<三銃士>と言えるのだろうか?

 少なくともオランダでは<森保日本の主軸>ではなかった。南野と久保は先発だろうが途中からの出場だろうが、何のインパクトも残せなかった。南野は王者リバプールに所属している<だけ>でしかなく、久保はバルサ育ち―レアル所属の19歳でメディアの寵児だが、持ち味のドリブル突破はアフリカの強豪相手に通用しなかった。自分の能力をどうすれば生かせるか、シビアな現実を見つめながら試行錯誤すべきだろう。

 堂安は、週末のリーグ戦で王者バイエルンと戦い、0―4で迎えた後半13分にゴール右から強烈な右足シュートを決めてみせた。まずはドイツでの初ゴール。しかも筆者が1980年代にヘッドコーチを務めた<心のクラブ>ビーレフェルトの一員として、である。大きな拍手を送りたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る