“ガンバの顔”遠藤が電撃移籍…囁かれる宮本監督との深い溝

公開日: 更新日:

 5日、Jリーグ最多出場記録保持者のガンバ大阪MF遠藤保仁(40)が、J2磐田にレンタル移籍することが発表された。在籍19年。W杯にも3回出場した「ガンバの顔」は、移籍理由を「小さなものが積み重なって大きなものになった」と話したが、愛着あるチームを離れる事情は何か?

「このまま生え抜きの宮本恒靖監督(43)の体制で行くのか、それとも遠藤の面倒を引退後まで見るのか、ともに契約切れで二者択一となったときにフロントは宮本監督を選んだということ」と関係者がこう続ける。

「宮本監督は、〈前線からプレスをかけながら攻守の切り替えを早くして素早くシュートに持ち込む。勝ち点獲得のためには5DFにしてでも守り倒す〉というサッカーを目指し、一方の遠藤はあくまで〈中盤でボールを回し、攻撃のリズムをつくって格上相手でも攻撃サッカーを貫き通す〉タイプ。より現実路線の宮本監督は、2019年シーズンに遠藤の先発試合を前年の33試合から20試合に減らし、この時点で遠藤は古巣の京都の関係者と〈いざとなったら移籍をお願いするかも知れない〉などと話し合っていたようです。そして20年シーズンとなった7月、遠藤が最多出場記録(632試合、現在641試合)を更新すると宮本監督はあからさまに遠藤の出場機会を減らすようになり、8月下旬に宮本監督、遠藤との間に決定的な亀裂が入った」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る