元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

柴崎岳が2部でも海外に固執する理由「帰る選択肢はない」

公開日: 更新日:

柴崎岳(レガネス MF・28歳)

「スペイン2部に所属していることをどう見るかは個人の自由ですが、僕が日本に帰るという選択肢は全くなかったです」

 約1年ぶりの日本代表戦となる9日のカメルーン戦を前にMF柴崎岳はキッパリとこう言った。カテゴリーを下げても欧州でプレーする方が世界基準を日常的に体感できる、という考えからだ。その確固たる哲学と経験が強豪撃破の原動力になるのか。

 2018年ロシアW杯で長谷部誠とボランチコンビを組み、16強入りの立役者となった。しかし当時所属のスペイン1部ヘタフェでは思うように出番を得られず、昨夏に2部のラコルーニャへ移籍。ボランチをメインに中盤で起用されたものの、チームはまさかの3部降格を強いられた。

 そこで今夏、赴いたのは同じ2部のレガネス。

「そんなに多くのオファーがあったわけではないけど(マルティ)監督が自分をよく知ってくれている人物で、2部とはいえど非常に競争力のあるリーグ。ここで活躍する選手は1部でも確実に通用している」と移籍理由を改めて語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る