大崎高がセンバツ当確!廃部寸前を救った2年目監督の手腕

公開日: 更新日:

 人口5000人の離島から甲子園へ――。

 スポーツマスコミがこう報じているのは、長崎県西海市の大島にある県立大崎高校のことだ。前日の九州大会準々決勝で延岡学園(宮崎)を下して4強入りすると、5日は昨年のセンバツでベスト4に進出した明豊(大分)を延長で破り決勝に駒を進めた。来春のセンバツ出場はほぼ確実だ。

 清峰や佐世保実で甲子園実績のある清水央彦監督(49)が、指揮を執るようになったのは2018年4月。当時は部員5人で廃部寸前だった。それからわずか2年で強豪に変貌したのは、寮やグラウンドなど施設面のバックアップをした西海市や大島町に加えて、清水監督の存在が大きい。

「清水監督は清峰の部長として全国制覇、12年からは佐世保実の監督として2年連続で甲子園に出場。長崎県内では評判の指導者です」と放送関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る