ドラフト会議の選手指名 球団は学校の成績を重視するの?

公開日: 更新日:

 25日に行われた今年のプロ野球ドラフト会議では、12球団合計で支配下選手登録74人、育成選手49人が指名された。

 その1人が、中日から1位指名された高橋宏斗投手(中京大中京高)。最速154キロの本格派だ。進学を志望し、AO(自己推薦制度)で慶応大学を受験したものの、不合格となり断念。一転、プロ入りに進路を切り替えた。

 慶大を受験して失敗といえば、思い出すのが巨人のエースとして活躍した江川卓氏だ。作新学院時代、栃木県大会で完全試合を成し遂げ、甲子園の選抜大会では20奪三振などを記録。「高校球界の怪物」と呼ばれた。

 その江川氏が進学を志望したのが慶大だった。当時の高校球界ナンバーワン投手だ。当然、慶大野球部も欲しい。とはいえ、その時代はAO制度がなかったため、受験して合格するしかない。そこで、同大の野球部員が江川氏の受験勉強を手伝ったという。江川氏と一緒に学んだ高校球児の中には、のちにプロ入りして中日などで活躍した中尾義孝氏(滝川高)や、近鉄(現オリックス・バファローズ)でプレーした堀場秀孝氏(丸子実業)もいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る