欧州新Lでどうなる? 日本人選手の欧州移籍とJリーグ問題

公開日: 更新日:

 欧州サッカー界が揺れに揺れている。18日、欧州の名だたる12のメガクラブが「欧州スーパーリーグ(ESL)」の新設を正式に表明。これに欧州各国リーグの総元締であるUEFA(欧州サッカー連盟)が「少数のクラブの私利私欲にまみれた新プロジェクトに参加すれば、代表でプレーする資格を剥奪する」と断言するなど全面対決の様相を呈しているのだ。

「90年代から一部強豪クラブ間にスーパーリーグ構想は存在した」とワールドサッカーグラフィック元編集長の中山淳氏。

 UEFAのドル箱となっている欧州チャンピオンズリーグ(CL)とは別モノの新リーグを立ち上げ、CL以上の賞金や分配金を獲得して「コロナ禍で弱体化したクラブ経営をESLから入るビッグマネーで立て直したいという意図がある」とは前出の中山氏。既得権益を手放したくないUEFAは、CLの参加チームを「32」→「36」に拡大したり、グループリーグ(6試合)を廃止して「ランダムに異なる10チームとホーム5試合、アウェー5試合の計10試合を消化する」ことで“実入り”を増やすなどの改革案を既に提示し、ESLサイドを懐柔しようと躍起になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る