元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

モンゴル戦3得点のFW大迫勇也 W杯で16強超えは実現するか

公開日: 更新日:

大迫勇也(FW/ブレーメン・30歳)

「(点差が開いても)点が取りたいので。1人じゃ決められないので、その積み重ねで3点取れたと思ってます」

 大量14得点を叩き出した3月30日の2022年カタールW杯2次予選・モンゴル戦(千葉)。絶対的FW大迫勇也(ブレーメン)は代表初のハットトリックを達成。エースの貫禄を見せつけた。

 今季ドイツでわずか6試合先発・無得点の苦境に陥り、パフォーマンスが不安視されていたが「ハンパない男」の健在ぶりが示された形だ。

「チームではインサイドハーフとかで使われているので単純にポジションが違う。1トップは長年やってきたし、慣れている分、引き出しも経験も多い。あまり考えずにプレーできるんですごくやりやすいです」

 3月の日韓戦(25日=横浜)、モンゴル戦に向けて代表に合流した際、口数の少ない大迫にしては珍しく、実に晴れ晴れとした表情を浮かべながら饒舌だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  9. 9

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る