巨人に“助っ人野手3人同時起用”構想 守備度外視で虎に対抗

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス陽性判定を受け、離脱していた巨人の丸、若林、中島、ウィーラーの4選手が20日、二軍戦で実戦復帰を果たした。

 若林は2安打2打点。丸も2安打、中島は2ランを放ったものの、関係者を驚かせたのは「4番・二塁」で出場したウィーラーである。普段のポジションは一塁と左翼だが、この日は二塁に入り、無難に守備機会をこなした。理由を聞かれた原監督は「『セカンドはおいしそうだな』と思ったんじゃない?」と笑い飛ばした。

「原監督が本人の意思を確認してタイミングを決めると話している新外国人の2人は、一軍昇格が秒読みです。一軍は松原の3号や岡本の適時打は出たが、首位阪神はクリーンアップだけで5発と東京ドームで完全にお株を奪われて5―10と打ち負けた。原監督は長打力不足の打線に不満を感じている。メジャー通算計292発コンビを一日も早く使いたいが、テームズは左翼、スモークは一塁。離脱前に絶好調だったウィーラーとポジションがモロにかぶるため、二塁に回して外国人3人を同時に起用する算段なのです」(球界関係者)

 試合後、「バッテリーコーチは何をしてんだということ」と厳しい口調で話した原監督。チーム打率.234の貧打解消へ、守備面は度外視してでも、パワープレーで4ゲーム差に広がった阪神に対抗する構えのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  3. 3

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  4. 4

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  5. 5

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  6. 6

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  7. 7

    解散・総選挙で自民50議席減 単独過半数割れの衝撃データ

  8. 8

    眞子さま大学選びは失敗か 学習院なら小室さんは接近ムリ

  9. 9

    大島優子は名脇役に成長 今や元AKB48で一番の「勝ち組」に

  10. 10

    広瀬すず&橋本環奈 不仲説を囁かれた二人が急接近した理由

もっと見る