巨人に“助っ人野手3人同時起用”構想 守備度外視で虎に対抗

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス陽性判定を受け、離脱していた巨人の丸、若林、中島、ウィーラーの4選手が20日、二軍戦で実戦復帰を果たした。

 若林は2安打2打点。丸も2安打、中島は2ランを放ったものの、関係者を驚かせたのは「4番・二塁」で出場したウィーラーである。普段のポジションは一塁と左翼だが、この日は二塁に入り、無難に守備機会をこなした。理由を聞かれた原監督は「『セカンドはおいしそうだな』と思ったんじゃない?」と笑い飛ばした。

「原監督が本人の意思を確認してタイミングを決めると話している新外国人の2人は、一軍昇格が秒読みです。一軍は松原の3号や岡本の適時打は出たが、首位阪神はクリーンアップだけで5発と東京ドームで完全にお株を奪われて5―10と打ち負けた。原監督は長打力不足の打線に不満を感じている。メジャー通算計292発コンビを一日も早く使いたいが、テームズは左翼、スモークは一塁。離脱前に絶好調だったウィーラーとポジションがモロにかぶるため、二塁に回して外国人3人を同時に起用する算段なのです」(球界関係者)

 試合後、「バッテリーコーチは何をしてんだということ」と厳しい口調で話した原監督。チーム打率.234の貧打解消へ、守備面は度外視してでも、パワープレーで4ゲーム差に広がった阪神に対抗する構えのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  2. 2

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  3. 3

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  9. 9

    グローバルダイニングが黒字転換 都に反発し店は大盛況

  10. 10

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

もっと見る