G貧打に原監督耐えられるか 解消に囁かれる得意のトレード

公開日: 更新日:

 巨人が3連勝で貯金を2とした。

 14日の中日戦の三回、松原の先制打、坂本の2点適時二塁打、梶谷の2ランなどで6安打を集中。一挙5点を挙げて試合を決めたものの、三回以外は無安打に終わった。

 チーム打率は・215でリーグワースト2位。先週10日には12試合連続3得点以下の球団ワースト記録に並び、原監督は「3点を目指しているんだけど、なかなか3点取れない。何とかしなきゃ」と嘆くなど、今季は得点力不足に悩まされている。

 13日から新外国人選手でメジャー通算196発のジャスティン・スモーク内野手(34=ジャイアンツ)、同96発のエリック・テームズ外野手(34=ナショナルズ)が一軍の試合前練習に参加。20日デビューの可能性があるが、球界では「新外国人は期待はしてもアテにはできない」という格言のようなものがある。新型コロナウイルス陽性判定を受けていた中島、丸、若林の3選手がこの日(14日)、川崎市のジャイアンツ球場で練習を再開したものの、即復帰というわけにはいかない。医療機関や自宅で隔離されていた期間を考慮され、しばらくは二軍で調整を行うというから、打線の低空飛行はまだ続く可能性があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る